ピアノ査定前には調律・修理するのが良い?

pia4_s

ピアノは高額であったり、思い入れの強いものとして手放すのをためらう人が多いかと言えます。ただ、使わなくなったピアノはやはり場所を取ってしまったり、新しいものを購入する際には引き取ってもらったり処分する必要があります。そのため、多くの人がピアノの買取りを考えると言えます。

ピアノ買取りの際には、まずは査定をする必要があります。査定では、ピアノのどんな点をチェックするのか、調律や修理はした方が良いのか、と悩む人は多いです。実際のところ、調律や修理は査定には関係ないと言えます。これは、買取りをした後に業者がきちんとそのピアノの調律や修理を行なうためであり、依頼者がわざわざそういったことを行なう必要が無いためです。

また、ピアノの修理には費用が掛かります。その費用と査定の減額を比較しても、修理しない方がお得だという事案も数多くあります。そのため、ピアノ買取の際には調律や修理は必要ないという業者がほとんどです。ただ、ピアノ買取り業者は数多くあるので、中には査定に影響するというところもあります。それでもそこの業者に買い取ってもらいたい、などの理由があれば別ですが、調律や修理をしないと査定出来ない、と言われた場合には別の業者に依頼した方が良いとも言えます。

注意しなければならないのは、すべての業者が同じような基準で査定をしているというわけではない、ということを知っておくことです。また、日頃からメンテナンスをしていたり、綺麗な状態にしてあるピアノはやはり劣化も少なく、その点では査定額に影響があると言えます。買取を考えていなくても、もしピアノがあるのであれば、普段から丁寧に扱っておくことも重要です。

また、買取り金額を出来るだけ高くしたいのであれば、複数の業者に査定をしてもらうことも必要です。査定してもらった業者に必ずしも買い取ってもらう必要は無いので、さまざまな業者を探して、査定を依頼することも大切だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>